自家製酵母の記録

              起こし方と様子の覚え書です。

       さつま芋酵母エキス


 ●さつま芋酵母(1日目)
24〜26℃の温度で起こしたものです。
 (材料) 
さつま芋(蒸かした物)・・・100g 
水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・500g 
はちみつ・・・・・・・・・・・・・・・・大1
 @密封瓶とはちみつ用のスプーンを熱湯消毒する。
 A蒸したさつま芋を輪切りに切って入れる。 
 B水(浄水したもの)を入れる。 
 Cはちみつを入れてかき混ぜる。
 これから1日1回、瓶を上下に返す程度に振る。
 そして、ふたを開けてガス抜きする。

 1日目


 ●さつま芋酵母(2日目)
 さつま芋の様子は変わりない。
 少しだけ炭酸ガスの泡が立ってきている。        

          2日目


 ●さつま芋酵母(3日目)
 今までの酵母と違って元気ないのかな!?     
 でも少しずつはぷくぷくしてきているよう。
 甘いさつま芋のいい香り。

 3日目


 ●さつま芋酵母(4日目)
 昨日よりもぷくぷくは進んできているよう。
 いっこうにさつま芋が浮かんでこないのが心配。 
 アルコールのツンとした香りが急に強くなる。

 4日目


 ●さつま芋酵母エキス出来上がり(5日目)
 ぷくぷくは少ない感じだがアルコールの香りやさつ
 ま芋の匂いから判断した。
 パンを焼いてみて失敗の場合、もう一度リベンジに
 なりそう。
 熱湯消毒した瓶にさつま芋酵母をザルで搾る。
 冷蔵庫で保管。 
 (保存期間はエキスの発酵状態で1ヶ月〜3日ほどで
 酵母が使えなくなるそう) 

 5日目


SEO [PR] カード お取り寄せ ルクエ 動画 無料レンタルサーバー SEO